くまもとウォーターライフ
 ホーム > トピックス > 第41回「水の日」記念行事において大西市長が基調講演   ホームボタン

  トピックス


第41回「水の日」記念行事において大西市長が基調講演

最終更新日 [2017年8月4日]  

第41回「水の日」記念行事(8月1日)において、大西市長が熊本地震を経験し、再認識した水の大切さについて講演

 毎年8月1日は「水の日」とし、この日を初日とする一週間を「水の週間」として、これまで毎年、健全な水循環の重要性、水の貴重性などを啓発することを目的として、記念行事が行なわれています。
 東京都千代田区にあるイイノホールで行なわれた今年の記念行事では、「熊本地震から学んだこと〜未来へつなぐ生命(いのち)の地下水〜」と題し、大西市長が基調講演を行い、熊本地震による断水を経験し、いかに水が大切であるか体験談を交え話され、この貴重な水、恵まれた熊本の地下水を未来へ守り伝える熊本市の地下水保全の取組みなどを全国に向けて発信されました。
講演1
講演2

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 右の「アクロバットリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

    ホームボタン
copyrights 2007 Kumamoto City Allrights Reserved.