くまもとウォーターライフ
  ホーム >江津湖ミュージアム  ホームボタン

  江津湖ミュージアム


  江津湖の成り立ち
  上江津湖マップ
  下江津湖マップ
  江津湖の植物
  江津湖の野鳥
  江津湖周辺文学碑
  交通アクセス
 
江津湖の成り立ち


●新生代
  約27万年前からの阿蘇火山の度重なる大噴火で形成された地層により、阿蘇外輪山の西麓に降った雨は、地下水となって熊本市の地表に湧出する。その中でも最大のものが江津湖の源となる水前寺から江津湖周辺の湧水群です。

●縄文時代

  江津湖はまだ湖とはなっていませんでした。下江津湖北岸の健軍水源地、庄口川にそった上ノ原・健軍神社・鳥井原で、約3000年前とされる大きな集落遺跡が発掘され、湖岸の湧水が縄文人にも利用されていたことが知られています。特に上ノ原遺跡では炭化した米が発見され、日本の稲作文化のはじまりとして注目されています。

●弥生時代・古墳時代
  約2300年前、水田稲作が日本に伝来して、弥生文化の時代となりました。熊本地方では、初期の稲作を身につけた人々が、託麻台地端の湧水地帯をいちはやく水田として利用するようになりました。後に、その遺跡は江津塘を築くことによって湖水面下に沈みましたが、江津湖の発掘調査や浚渫で、弥生時代初期の土器や石器が発見され、下江津湖湖底遺跡(苗代津遺跡)とよばれています。古墳時代の遺跡は、下江津湖の北岸の水源地から広木にかけて、周溝墓と呼ばれる墓が発見されています。

●江津塘の構築と江津湖の形成
  江津塘は加藤清正によって造られたと言われています。この堤防によって、西南方向に流れていた湧き水は、堰きとめられて湖となりました。その後、たびたび堤防は損傷を受けましたが、人々の努力によって、今日のような姿をとどめています。

 
   ホームボタン
 
copyrights 2007 Kumamoto City Allrights Reserved.