くまもとウォーターライフ
 ホーム > 補助・助成 > 補助金 > 雨水貯留施設補助制度のご案内 もどる  ホームボタン

  補助・助成


雨水貯留施設補助制度のご案内

最終更新日 [2015年10月5日]

補助制度を利用して、「雨水貯留タンクを設置しませんか!?」

節水、節約、地下水保全! 非常時の水の確保にも!

1

1
 熊本市は、水道水源の100%を地下水でまかなっています。

雨水を上手に活用することで、地下水の保全及び水資源の有効利用につながります。
自宅の屋根に降った雨水も、有効活用!

 タンクに溜まった雨水は、庭木の水やりや家庭菜園などに活用できます。
また、非常時にはトイレ洗浄水等にも活用できます。

 雨水を利用することで水道料金の節約にもなり、お勧めです。

雨水貯留施設とは?

○雨水貯留槽・・・・公共下水道への接続等で使わなくなった浄化槽(昭和55年以降に設置されたもの)を
             転用して、貯留した雨水を飲用以外の散水等として利用する施設。          
○雨水貯留タンク・・雨水を飲用以外の散水等として利用するために設置した施設で合計200リットル以上貯
             留するもの。(上図・雨水貯留タンク例)

補助対象

1.浄化槽を所有し雨水貯留槽に転用できる者、または雨水貯留タンク(合計200リットル以上)を設置できる者。
2.雨水貯留槽又は雨水貯留タンクの適正な維持管理ができる者。
3.熊本市内に限る。
4.市税の滞納が無い者。

※一般のご家庭に設置するものが対象です。事業者等は対象外となります。
 詳しくは、要綱をご覧頂くか、窓口にお尋ねください。

補助金額

○雨水貯留槽・・・・転用に必要な費用の3分の2以内
            (千円未満切捨て、上限70,000円)
○雨水貯留タンク・・設置に必要な費用の3分の2以内
            (千円未満切捨て、上限35,000円)

補助申請の手順

手順は下記のとおりです。

@申請書に見積書等を添付して各区役所まちづくり推進課へ申請
A熊本市から現地調査
B熊本市より補助金交付決定通知書を送付
C補助金交付決定通知書を受領後、材料購入・工事開始
D工事終了後、完了届と請求書または領収書を添付して各区役所まちづくり推進課へ提出
E熊本市の完了検査
F熊本市より補助金交付確定通知書を送付
G補助金の支払い

なお、受付は先着順となります。予算がなくなり次第、受付を終了します。予めご了承ください。

※申請は必ず材料購入・工事開始前に行ってください。熊本市から補助金の交付決定書を送付しますので、決定通知書を受け取ってから工事を行ってください。
 通知前に購入・工事をされますと補助金を交付できませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

熊本市役所  水保全課          096−328−2436
中央区役所  まちづくり推進課 096−328−2614
東区役所   まちづくり推進課 096−367−9122
西区役所   まちづくり推進課 096−329−1146
南区役所   まちづくり推進課 096−357−4114
北区役所   まちづくり推進課 096−272−1112

この情報に関するお問い合わせは
熊本市水保全課
電話:096-328-2436
ファックス:096-359-9945
メール メール 
新しいウィンドウで表示 このマークがついている資料・リンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 右の「アクロバットリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アクロバットリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
  ▲ページの先頭へ   

  もどる  ホームボタン
copyrights 2007 Kumamoto City Allrights Reserved.